×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サインバルタの効能と離脱症状

サインバルタについて

サインバルタは、抗うつ剤のひとつですが、服用すると脳内にセロトニンとノルアドレナリンが取り込まれるのをストップする働きがあります。そのために、うつ症状に効用があるとされています。しかし、服用には注意も必要です。まず、サインバルタの服用が向かない人がいます。それは、アレルギー体質の人、他に薬を服用している人、現在妊娠中か授乳をしている人は、医師に相談する必要があります。さらに、サインバルタの用法や用量をしっかり守ることが大切です。

 

サインバルタの副作用は、それぞれの人の体質によって異なります。しかし、一般的な副作用についていえば、発疹、かゆみ等のアレルギー反応、倦怠感やほてり、発熱、脱水、頭痛、めまい、不眠、立ちくらみ、不安、異常夢、睡眠障害、攻撃性、吐き気、便秘、下痢、腹部痛、咽頭炎、かすみ目、動機、肝機能障害、発汗、冷感、悪感、呼吸難、等さまざまな症状が起こる場合があります。この中には、重大な副作用となり、他に重病を引き起こすような兆候もありますので、まず服用して、ちょっとおかしいと感じたら、まずは医師にすぐに相談することが大切です。


メンズコスメ

リーゼ錠の効果と副作用