×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リーゼ錠の効能と離脱症状

リーゼ錠について

リーゼは、神経症、心身症、自律神経失調症などの治療薬として用いられます。リーゼには抗不安作用のほか、筋弛緩作用、抗痙攣作用もあります。その為、心臓神経症や自律神経失調症における肩こり、食欲不振の改善に用いられます。ほかにも、麻酔や手術前の緊張を和らげたり、更年期障害の治療薬としても用いられます。不安やあせりを抑えることにより、睡眠へ導くので睡眠障害の改善にも効果的です。

 

リーゼは全体的に薬の副作用が少なく、幅広い症状に用いられます。しかし、使用法によっては重い症状を引き起こすので、注意が必要です。主なリーゼ錠の副作用としてはねむけやめまい、ふらつきといった症状ですが、中には興奮や妄想や胃腸障害といったものもあります。違和感がある場合は、すぐに医師に相談してください。

 

リーゼの使用上の注意として、長時間にわたって大量に使用すると、薬物依存に陥りやすくなります。また、急に服用を中止すると手の震え、せん妄やほかの精神症状が起こることがあります。自己判断で使用の増減や中断することなく、必ず医師の指示に従ってください。

 

リーゼ 薬を使わずに鬱病を克服する方法はこちら


メンズコスメ