×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンスタンの効能と離脱症状

コンスタンについて

コンスタンは、心身症、うつ病、不安神経症やパニック障害などの神経症を中心に用いられる治療薬です。コンスタンは、不安や緊張感を和らげ、気持ちを落ち着かせる心の安定剤です。穏やかな作用の薬なので、様々な症状に用いられます。また、筋肉をほぐす作用もあるので緊張型頭痛や腰痛、肩こりにも応用されます。

 

コンスタンの副作用として、めまい、ねむけ、ふらつきといった症状があります。車の運転や機械の操作には十分注意が必要です。また、飲酒により作用が強められることがありますので、飲酒は控えてください。まれに強い副作用が現れることがあります。アレルギーに似た症状、興奮状態や息苦しさがある場合、すぐに医師の診断を受けてください。用法用量を守らない場合、けいれんや震え、不眠、幻覚といった症状があります。必ず自己判断で使用量を変えるのではなく、医師の指示を守ってください。コンスタンは緩やかな作用で、副作用があまり現れませんが、使用方法によっては重大な症状を引き起こします。必ず、医師の診断の元、決められた指示は守る必要があります。


メンズコスメ

リーゼ錠の効果と副作用